NPO法人サポーター's クラブAgano

新潟トレジャーFCジュニアユース

新潟トレジャーFCジュニア

サッカーを楽しむところから始めよう。

楽しさは意欲につながり、認められる事は向上心につながる。


練習試合の申し込み、問い合わせはこちらからどうぞ!
<   2010年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2010年 09月 30日
中学年日記~ 君に届け ノ巻
 私が小学生の頃、テレビではスポ根番組が全盛の時代でした。  巨人の星、アタック№1、柔道一直線・・・などなど。 当時は夢中で観ていましたが冷静に考えるとその当時でもありえないような?今の時代でも考えられない程の根性物の内容だったように思います。(^-^) 
ちなみに私も養成ギブスまでは真似できませんでしたが・・(^^i) 鉛の入ったリストバンドを手首や足首に巻いて、裏の田んぼ道を 「思~い~込んだら~・・・」 などと口ずさみながらよく走っていましたし、大リーグボール一号?取得のため塀壁に向かって毎日暗くなるまでボールを投げていました。 (^^i)v

現在小学生の指導をしておりますが当然、根性論?精神論?など子供達に言うつもりは更々ありません。
試合の前や試合中もいちいち怒鳴ってまで子供達の気持ちを高めようとも思いません。 
これからも子供達には自分達で 《負けない心・気持ちの強さ》 を高めていって持って欲しいと思っています。 指導者から試合の都度、モチベーションを上げてもらうのではなく、選手達が自ら気持ちを高めていける、そしてベンチからのコーチングがなくとも選手達でゲームを作り対応していける、そんなチームになることを強く望みながら指導をしています。

先日の新津杯選手権(6年)下越地区決勝トーナメントでは、6年生のSe君が試合途中に過呼吸で動けなくなった場面がありました。試合開始から彼は前線で大きな声でボールを要求しながら必死に走りまわっておりました。 交代しベンチに戻ってもSe君は「もう大丈夫です!出られます!」と直訴してきます。 きっと彼の思いは 【こんなに皆が頑張っているのに・・・俺は・・・】 という強い彼の思いを私には感じられました。

新津杯新人戦(5年)の決勝トーナメントでも同様なことがありました。 準決勝の試合の中で相手選手の振りぬいた足がKa君のくるぶしに思いっきり入りました。 ピッチから出ても自分で歩いて戻ってこれない程です。次の試合(決勝戦)は、まー無理だと思いました。 次の試合まで空き時間がありましたので氷で患部を冷やしてからチームスタッフの大竹さんからガッチリとテーピングを巻いていただきました。
Ka君は 「ちょっと痛いけど決勝戦やれます。出してください!」 と私に訴えます。 彼からも何か強い意志、【負けない心】をとても強く感じました。 「よし!やれるとこまでやってみろ。無理だと思ったらすぐ合図を送れよ!」 「はい!」 
試合の中でKa君は合図を送ることはもちろんのこと、彼はこちらを一度も見ることなく最後まで走り切り優勝に貢献してくれました。

当たり前のことですが、いくら表現力の高い子でも怪我をしている子を試合には出しません。  
しかし、Se君やKa君 の 【負けない心】 強い気持ちを見せ付けられるとついつい嬉しくなり、観て見ぬふりをしてしまう私は指導者としては失格ですね・・・(^^i)  反省です!

新津杯地区予選では選手権の6年生チーム・新人戦の5年生チーム共にみんなが力を合わせ本当にいい試合を魅せてくれました。(^0^)/ 頼もしく誇れる素晴らしい選手達です。 これからもみんなで力を合わせること、負けない心を持つこと、より素晴らしいチームになれるようみんなで努力していきましょう! みんなの力で!! (^0^)/
[PR]

by fcagano | 2010-09-30 16:53 | Comments(0)
2010年 09月 24日
中学年日記~Happy Smile Again ノ巻
町田です。 昨日の23日は、雨のなか5年新津杯新人戦の下越予選に帯同しました。

新津杯新人戦の話をする前に少しばかり昨日大変感心させられたことをお話します。
昨日は雨の為、4年生以下U-10チームは午後から体育館練習を行いました。 2時半に練習が終わると入れ替えでジュニアユースの練習が始まりました。 私もジュニアユースの練習を見学していて1時間程経った頃、気が付いたのですが練習が終わったU-10チームのある一人の3年生の選手が体育館内の玄関におりました。
話を聞くとお母さんがまだ迎えに来ていないとのことでした。 私はとっさに気が付きました。お母さんは練習終了時間を決して忘れているのではなく、この子のお母さんは5年生にも兄がいる為、新津杯新人戦に対応している為に終わらないと来れないのだと察知しました。
 
私が 「送っていこうか」 との問い掛けに 「はい。ありがとうございます。でもお母さんが来るまで待っていなさい、と言われたので待ってます」 とはっきり丁寧に答えます。 昨日は少し肌寒い日でしたがこの子はちゃんと自分でバッグの中からジャージを出し、着て体を冷やさないように1時間半位?玄関先でジュニアユースの練習を脇目も振らずに【じ~】と注視して興味津々で見学していました。(この子に話しかけるのが申し訳ない位、集中して見ておりました) 途中でも自らバッグからおにぎりを出して食べていました。

まだ3年生の子供が自分の判断で行動していることに大変、感心させられました。 親御さんのご家庭でのご指導も素晴らしいのだと思います。 ちなみに練習時のピッチ内においても、常日頃からこの子の集中力・向上意欲やモチベーションは非常に高いものがあり、成長が著しい選手であることは言うまでもありません。
 

さて話を5年新津杯新人戦に戻しますが、この選手達を昨年担当して日々の練習や遠征そして大会なども一緒に行動しておりました。
どんな大会でも試合に負けたときなどは負けたことを悔しがり号泣する子も多くいたそんな選手達でした。
悔涙の数だけ強くなっていったチームだったように記憶しています。

ピッチを離れても感情豊かでとても明るく(度が過ぎてよく叱られていましたが・・)元気な子供達です。 私も思い入れがあり、いつも気にしていたカテゴリーです。 可愛さ故に厳しい口調になることも多々あります。
昨日の予選初日でも多くの指導者の方よりゲームの中での事、あるいは試合をする以前のことにも問題を多く伝えられました。
試合の日程なども連絡網で伝えていますがその中で【準備】の項目では「各自選手が必要と思われるもの」と伝えています。選手の皆さん、その意味は用具や着替えなど目に見えるものだけでないのですよ。 各自の心の準備も必要なのですよ。 そこから初めてみませんか? 君達なら必ず出来るはずです。

そして勝ち負けだけでなく、真から良いチームになることを一緒に目指しませんか? 今まで数多くの悔し涙が無駄でなかったことを皆で一緒に証明してみませんか。

我々スタッフはいつまでもどこまでも君達を信じています。  そしてこれからも君達ひとりひとりが魅力ある選手になる為に我々も真剣に努力します。  

だから君達も信じてみませんか? 君達がひとりひとり意識を高め、皆で気持ちを一つにして、声を掛け合い、力を合わせたときに生まれる大きな力を今一度信じてみませんか。

誰かがしてくれるだろうと待つのではなく君達が変わるのですよ・・・。 (^-^) 

 
[PR]

by fcagano | 2010-09-24 12:45 | Comments(0)
2010年 09月 19日
新津杯
f0119216_14123759.jpg

新津杯、下越予選準決勝、対 聖籠戦。2ー0で勝利し、県大会出場が決定しました。嬉しーい!キャプテン、カイトが怪我の為欠場していましたが皆の頑張りで勝ち切りました。県大会出場おめでとう!これでカイトも新津杯に参加出来ますね!?あー良かった良かった(^_^)
[PR]

by fcagano | 2010-09-19 14:12 | Comments(1)
2010年 09月 14日
中学年日記~ 魔法の黄色い靴 ノ巻
サッカーを通して地域の子供達の育成に携わらせていただいている。
一言で『育成』と言うが決して簡単に考えてはいけないことでありやればやるほど難しい。
最初から中途半端な気持ちでやっているつもりはないが、上手く言葉で言い表せないが真剣にやればやる程に奥が深い。

ありがたいことに指導をする立場の者として、身近(チーム内)に指導者としてはもちろんだが、一人の人間としても尊敬し師と仰いでいるabe総監督が傍にいてくれる。 いろんなアドバイスや相談にも快く応じていただき、明確な答えを導いてくれる。 私にとっては幸せなことであり恵まれている。

他チームにも尊敬してやまない方々がいる。 中条SSさんの山本さん、MONO・PUENTEさんの斉藤さんには、いつも会う度にご指導・ご鞭撻をいただいている。 育成を真剣に考えられておられ子供達を指導する者として大変勉強させていただいている。 お付き合いをさせていただいていることに感謝せずにはいられない。

そして今現在、私は4年生以下JA杯チームを任せられているが、このチームが目指すものは選手達自らが主体的に自分達で力を合わせゲームを組み立て、成長していく過程の中でも失敗を恐れず子供達自らがドンドン表現力をアピールするサッカーを目指している。 

そんなチーム作りをしていくなかで指導者として未熟な私にとって絶大な影響と大変勉強になるアドバイスをいただける方がいる。 この方のご指導があって今の4年生以下の屋台骨があると言っても過言ではない。その方は、もう一人の私の師である長岡市内のFC桂ヘリアンサスさんの内山代表である。
阿賀野市から少し離れていらっしゃるので頻繁にはお会いにはなれないが、会う機会があるときは必ず様々な疑問を質問させていただく。 内山さんにはいつもご丁寧にひとつひとつ明確な答えを導いていただく上に私には到底考えつかない程の一番BESTな解決方法やあるいは答えやヒントを与えていただいている。 勝手に師と呼ばせていただいているが、このような育成を真剣に考えられた素晴らしい指導者とお付き合いをさせていただける私は本当に恵まれていると思うと同時に感謝の気持ちで一杯である。 

こんな未熟な私であるが皆さんとのお付き合いをさせていただくことにより子供達にも私にもとてつもなく大きな財産となっていることを改めて痛感している。 感謝感謝です。 
[PR]

by fcagano | 2010-09-14 18:37 | Comments(2)
2010年 09月 13日
次週の
f0119216_6585761.jpg

新津杯の予選は残り二試合を選手達の頑張りで勝利する事が出来ました。結果、次週の決勝トーナメントに進出出来る事になりました。うんうん、良かった良かった(^^)それにしても加治川小学校のグランドは水捌けのいい素晴らしいグランドですねー。水溜りが全然ありません。ジュニアユースもここで練習したかったなーゴール無いけど・・・。
[PR]

by fcagano | 2010-09-13 06:58 | Comments(0)
2010年 09月 12日
新津杯下越予選
f0119216_11115350.jpg

新津杯 下越予選 二日目、加治川小学校さんにお邪魔しています。第一試合を4ー0で勝利し、反省会をしている選手達です。残り二試合を勝って、なんとか決勝トーナメントに進みたいものですね?(^_^)
[PR]

by fcagano | 2010-09-12 11:11 | Comments(0)
2010年 09月 05日
JAチーム
f0119216_11464328.jpg

f0119216_11464325.jpg

4年生以下JAチームはリベルタさんのお誘いで頸城ふれあいグランドに来ています。富山からもチームが来ており今日一日で色々なチームと4試合させて頂きます。本当に、ありがたい事です。因みに午前中の二試合は6ー0、7ー0と個々の良さが光ったナイスゲームをしています。全員出場で元気に頑張っています(^_^)
[PR]

by fcagano | 2010-09-05 11:46 | Comments(0)
2010年 09月 04日
出勤前
f0119216_6481989.jpg

f0119216_6481954.jpg

出勤前の一仕事。Agano草刈隊、出動!5時半から頑張っています!(^_^)
[PR]

by fcagano | 2010-09-04 06:48 | Comments(0)