サッカーを楽しむところから始めよう。楽しさは意欲につながり、認められる事は向上心につながる。

ジュニアユース体験練習会 毎週水曜日 京ヶ瀬アリーナPM7:00~9:00 毎週木曜日 安田体育館PM7:00~9:00
ジュニア体験練習会 毎週火曜日 堀越小学校体育館PM7:00~9:00 毎週木曜日  京ヶ瀬体育館PM7:00~9:00

練習試合の申し込み、問い合わせはこちらからどうぞ!
<   2015年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

2015年 05月 29日
あべさんの柔らかな想い:ご褒美?
f0119216_7191476.jpg

昨晩の、なでしこJAPANはイタリアに1-0で勝利しました。意味のある勝利だとか、この勢いに乗ってウンヌン~という言葉で番組は〆られていましたが私はまったく逆の印象を持ちました。

イージーミスが多く、アタッキングサードでの連携ミスも目立ちました。海外でプレーして来た選手が何人もいる割には外国人相手に仕掛けた場合の判断ミス(引っ掛かる)が多いと感じます。前回のW杯の時と、ほとんど選手が変わらないという事もあるのでしょうが前回のチームに何を加えたのか、チームとしての(縦パスを早めに入れる?その後は?)レベルアップを感じません。遣りたい事は分かるけど全く遣り切れていない。これじゃー厳しいよなぁ~という感じでした。

一生懸命プレーするという直向きさは失われていませんでしたので、失点をして切れてしまうみたいな、みっともない試合にはならないと思いますが、あまり結果は求めない方がいいように思いました。佐々木監督、選手の皆さん。前回優勝のご褒美?ぐらいに思って真剣勝負を楽しんで来てください。どんな結果になろうとも私は優しい目で?柔らかな想いで?見ています(^^)v

我がU15チームは、ここに来て狙い通りチームコンディションが上がって来ましたね?いいでしょう。ここから更にレベルアップをする為には日々の生活がとても大切になります。浮かれる事無く、一人一人が覚悟を持って一日一日を過ごして欲しいと思っています。

U12やU10の選手達は目の前の大会に左右される事無く大切な事を毎回のトレーニングで積み上げています。個々を成長させたいという我がチームの考えがプレースタイルに出て来ていると感じます。きっと試合でのパフォーマンスが大きく改善される事でしょう。

U9やU8の選手に対する指導者の受け答えや投げ掛けも、とても素晴らしいと感じます。自立心や自主性が引き出される素晴らしい対応です。このままシッカリと子供達を育成して行きましょう!間違いなしです!(^^)/
[PR]

by fcagano | 2015-05-29 08:12 | あべさんの柔らかな想い | Comments(0)
2015年 05月 22日
あべさんの柔らかな想い:上手いんじゃなく、旨い
f0119216_958579.jpg

さてこのシリーズ最終回です(シリーズだったんかい!)。写真はカワハギの刺身です。肝と醤油を出して頂き、片方づつ、そして両方、山葵を加えてと様々なパターンで楽しみました。いいですねぇ~(^^)大変美味しく頂きました。幸せです。ご馳走様でございました。

最近15歳の少年がドローンを飛ばすの飛ばさないので騒ぎを起こし逮捕されるという事件が起きました。逮捕時の動画も見ましたが、法律をどこまで勉強しているのか知りませんが、知ったかぶりで警察の方に歯向かい稚拙な主張を平然としていました。

ドローンを飛ばした飛ばさなかったで罪になったり、ならなかったりの話ではなく、人に迷惑を掛けるような行為自体が罪になるという事を知らないのだろうかと呆れてしまいます。そういう輩に大きく網を掛ける為に法律はあらゆる事例に対応できるように意図的に幾つかの解釈が出来る難しい言葉で書いてあるのです。私はそう学びました。

この15歳の少年(中学卒業後、進学もしない、仕事もしていない)には協力者がいるそうで警察は調べを進めているそうです。おそらく小生意気な少年を煽って面白がって騒ぎを起こさせている怪しからん連中がいるのでしょう。纏めて厳重注意が必要と思います。

中学時代は先生とも掴み合いの喧嘩をした事もあると同級生が証言していましたが、この子の小・中学校時代の生活指導はどうなっていたのでしょうか。親は、いったい何をしていたのでしょうか。今こそ教育評論家の皆さんは教育現場にしっかりと入り込み今の現実を正確に捉えるべきと思います。

犯罪を犯すのも個性だと誰か主張してくれませんかねー。親が躾をしてくれなかったおかげで、こんなに個性的な子に育ちました。学校も個性を消さないように出来るだけ携わらないようにしましたってね?(^^i)

以前にも書きましたが偏差値の高い学校に行く事が価値なんかじゃない。有名な企業に就職する事が価値なんかじゃない。そこで何を学び、何をするのかで価値が決まるんだと。

得た知識を犯罪の為に使ったのでは、その知識の価値なんて全くない訳です。より多くの人達の幸福の為に使われる知識、行われる仕事、歩む人生、生き方が価値が高いと思っています。

選手達に言いたい。「ボール扱いが上手いだけの選手になるなよ?それをどう使うかが一番の問題なんだ」「上手いんじゃなく、旨い選手になってくれよな!」分かる?おしまい(^^)v
[PR]

by fcagano | 2015-05-22 09:58 | あべさんの柔らかな想い | Comments(0)
2015年 05月 20日
あべさんの柔らかな想い:筍
f0119216_657365.jpg

旨いですよねーこの時期の。柔らかくて歯触りが良くて大好きです。先日、玄関前に筍が3本置いてありました。「うん?お地蔵さんに笠を被せてあげていないが、どうしたんだろう?」と不思議に思い聞き込みを開始。

「山さん!逆探!」と常に突き止めるべくアンテナを張り巡らし、必死に調査を進めた所、休日の夜に、喫茶店で一緒にいっぱい遣っている、お店のママさんの旦那さんと分かりました。ありがとうございます。ご馳走様でございました。

今回、自分で剥いて茹でたので、どの位の大きさがあると、どれ位の食べられる部分があるのかが初めて分かりました。分かったからどうという事もないのですが、何だか少し成長したような気持ちになり嬉しくなっています。写真は春駒さんの、お通しの筍です。私が作った物ではありません。職人さんの味に勝てる訳もなく、こちらの方が断然美味しくご機嫌でした。大変美味しく頂きました。ご馳走様でございました。

サッカーに打ち込む子供達を竹の子のように、すくすくと成長させる為に日本サッカー協会は大会のリーグ戦化を強引に?進めています。育成の為の方法として試合数を増やすというのは間違った考え方ではないと思いますし世界的に見てもリーグ戦化は日本だけの異質な流れではありません。

しかし何でもかんでも試合数を増やせばいいって物ではありませんし、逆にじっくり取り組みたい課題がある時や今の課題に合ったレベルの相手、環境(人数や広さ、時間)でマッチをしたい時は決められたリーグ戦が邪魔になる時もあります。

その決められた試合が邪魔になって効率のいい育成が出来ないというデメリットも生じているというのが正直なところです。自由に動ける日が少なくなり県内外の試合をしたい相手とジャストインタイムで試合が出来なくなっています。

何の為に子供にサッカー環境を作っているのか。チーム毎に細かな部分は違うと思いますが、子供を成長させる為と言って、違うというチームは少ないのではないでしょうか。リーグ戦をこなす為に子供達がいるのではない。本末転倒にならない事を私は望みます。

日本にサッカー協会が2つ以上あって、チームは自分達の考えに合った協会を選ぶ事が出来るのであれば四の五の言いませんが、選べない、ここに入るしかないというのが現状なのですから良く良く考えて日本の現状に合った多くの子供達の育成が進む、柔軟な遣り方を考えて欲しいと思っています。

自分の案を言わずに批判ばかりでは、どこかの国の野党と同じですので、ひとつだけ言わせて頂ければ、現在日本では1種~5種という年齢・性別によってグループが分かれています。で、1種~3種がプレミヤやプリンス、都道府県の1部なの2部なの3部なのというグループ分けをしています。

関東や関西の大都市圏では電車で1時間掛けて自分が希望する自分に合ったチームに通っているという子が特別な例ではなく普通にいる事は知っていますが、その他の多くの地方都市では子供は通っている中学の部活動や住んでいる所に近いクラブチームでプレーしているのが現状だと思います。少なくても私は3種までは義務教育な訳ですから自分のレベルに合った希望するチームに行くというのは一部の大都市だけの話と考えて頂きたいと思っています。

その上で、U15でプレーするリーグを決めるのはU14時のU14チームの成績で決める。U14のプレーするリーグはU13時のU13チームの成績で決める。U13の時のU13チームは全チーム対象の大会を行い1位からビリまで決める。

現状は前年度のチームの成績で翌年のリーグが決まるという方法なので、チーム力と所属リーグが合わないという事が生じてしまいます。

2種(高校年代)1種(大学・社会人)は義務教育が終わり自分で行きたい所に行ってプレーをするというのが一般的な訳ですから、今のままでも、いいかもしれませんが、3種は改善が必要ではないかと思っています。

4種(小学生・幼・保育園年代)は前年度の試合の結果で翌年のリーグ分けをしていませんので、この問題は生じていませんが地域毎、チーム毎に色々と大会を開いており計画的に育成していましたので前に記した問題が出て来ています。

地域事に現在サッカーがどう行われているのか、選手を取り巻く環境はどうか、どうすれば育成が進むのか。良く調べ分析し考えて欲しいと私は柔らかく?思っています。
[PR]

by fcagano | 2015-05-20 06:57 | あべさんの柔らかな想い | Comments(0)
2015年 05月 19日
あべさんの柔らかな想い:ちゃんと
f0119216_846880.jpg

庭にトレジャー色の花が咲いていました。これは日報に出ていたヤツと同じじゃないかな?たぶんそうだ、うんうんと花の知識はないのですが、それなりに楽しんでいます(^^)

サッカーに関しては長い事、携わっているという事もあり、ここ5~6年で色々な事が整理出来ています。ちょっと長くなりますので何回かに分けてお読みください。

丁度5~6年前からでしょうか。シャビ・イニエスタ・メッシ擁するバルサの美しいポゼッションサッカーが世界に衝撃を与え、リーガでも優勝しました。それに対抗したレアルマドリードやアトレティコマドリードが昨年躍進し、アトレティコが優勝しました。この対応が色々な事のヒントになっています。そして新たなタレントを入れたバルサが今期、更にバージョンアップして、また優勝しました。面白いなーサッカーって(^^)v

W杯で見ればスペインのポゼッションサッカーが前々回、優勝し、それに対抗した、オランダやドイツが前回のW杯で結果を出し、ドイツが優勝しました。っで日本はどうだったでしょう。

スペインのサッカーを学ぼうとスペインサッカー協会と契約を結んでイタリア人をA代表の監督に迎える。う~ん訳が分かりませんね?(^^i)

その以前にはフランス人を監督に迎え日本の歴史や文化を一切無視して、自分の価値観だけを我々に押し付けるという事をしました。年上に対して「さん付け」を止めさせ呼び捨てにしろと強要したのもその一つです。日本の儒教の文化(年上を敬う)を尊重しない傲慢で浅はかな考えと思います。

日本には日本の歴史があり文化があります。会社で上司や先輩に対し敬語が使えない人間では日本の会社(社会)で遣っては行けません。

A代表での指導が育成年代の青少年達には出来ないなんて、そんな事があってはいけないと思います。サッカーの発展、進歩の方法は国の色があっていいと思っています。A代表の監督は日本の歴史や文化を尊重してくれる人にする。そんなコメントを協会の方から聞いたような気がします。これは良~く分かるコメントでした。

それがザッケローニさん、だったのでしょうか(^^i)確かに人間的には素晴らしい方だったのでしょうが明確な功績?は無かったように思います。あまりにも本田、香川、長友、固定した選手達に頼り過ぎと感じました。「個の問題、個がもっと成長しなければ・・・」選手から出る言葉はそればかり。監督は僕達を信頼してくれた。うんうん、そりゃそうでしょうね。だから日本のサッカーが進歩しなかったのです。

選手から出る言葉をそのまま受け止め過ぎだと思います。選手は確かにそう感じていた事でしょう。でも、そんな事、遣る前から分かっていた事ではないですか。世界の一流選手達と比べると明らかに劣っている部分があるのは今分かった事ではありません(選手達はそう思っていないでしょうけどね)。

だったら勝っている所を活かしてチ-ムを勝利させる為にはと、日本人プレーヤーのストロングポイントを監督が分析し理解をし、誰を選手として選ぶかを情報を貰いながら自分で決め、選手を集め何所で何をさせるかを明確に指示し実行させる。それを遣るのが監督の仕事という物ではないですか。そういった物を私はザッケローニさんから全く感じませんでした。

昨年のW杯で私が興味を持ったのはメキシコです。実に理論的で日本の選手の力を最大限に引き出すチームとしての動き方を見せてくれたと思っています。すぐさまディフェンスの遣り方?というか考え方をジュニアユースチームに取り入れました。今でもベースはそこにあると思います。ですからA代表の監督がメキシコ人のアギーレさんになったと聞いた時は嬉しかったし大納得でした。メキシコテイストを日本代表が取り入れるのを楽しみにしていました。

でもそれが出る前に?なのか、メキシコ代表のサッカーとは違う物を表現しようとしたのか、それを感じたのはディフェンスのスライドぐらいのもんで、ほとんどそれを感じさせないまま、アギーレさんは辞めてしまいました。残念です。

そして今回のハリル・ホジッチさんです。いいですねぇ~。ちゃんと仕事をしています。遣るべき事を全部遣っています。誰を選んで誰を先発にするか。試合での選手交代、実に理論的で納得が行きます。

〇〇を呼んでいるのだから、ここで使えよ!なんて事は全くありません。今まで、そんな事が何度あった事でしょうか。もー数えたら切りがありません。これだけ遣っている事がちゃんとしていて、良く分かるA代表の監督は初めてです。

今度の予選を勝ち進んだら次の予選の前に大迫をもう一度呼んで試してくれたら、もう感激で涙を流してしまうかもしれませんねー。今まで以上に遣る気を感じましたが一番結果を出せなかった選手のように思います(^^)

なんて選手の気持ち、日本人の気持ちが分かっている人なんだろうと尊敬してしまうかもしれません。協会の人達の中には、この監督の力にぶら下がって自分の力だとアピールしたい人が、いーっぱいいるでしょうね?今までの監督選びの失敗を失敗ではなく、いい経験だ、その実績の上に今があるなんて詭弁を弄して今の要職に居座りたいとハッスルする人が出て来る事でしょう。図々しいというか、厚かましい事、極まりなしです。

Jリーグを立ち上げる時の状況と今の状況では、まるで違います。川渕さんがお辞めになったのは、それが分かっているからだと思います。独裁的と言われても、力強く推し進めなければならない時もある。しかし今は、それではいけない。日本サッカーの発展を純粋に考え、ちゃんと遣れる人が、ちゃんと遣る時が来ている。私はそう感じています。協会の人事は選挙制度にするべきです。登録料を払っている我々の声を反映させて欲しいと思っています。

我々の活動も同じですね。毎年、毎年、選手が入れ変わります。どんな事を求めるのが、この選手達には適切なのか。一つ一つ考え対応していかなければいけません。育成の方法をマニュアル化してはいけないし出来る物でもありません。

昨晩、久し振りにU12の練習に入りました。machida監督からの依頼で本当は低学年の対応の為に参加したのですが野蛮な顔の?(^o^)コーチから6年の所を見てください!と命令されて仕方なく、そちらに移動しました。

machidaさんと久し振りに組んでのコーチングでした。ちゃんと求めれば、ちゃんと成長しますねー(^^)プレーの内容がとても良くなりました。久し振りに私もピッチ上で頑張っちゃいましたよ。長生き?する為に私も、もっと頑張らなけれないけないと思っています。よーし今晩も頑張るぞー!試技が上手くなるように頑張ろっと(^^)v
[PR]

by fcagano | 2015-05-19 08:46 | あべさんの柔らかな想い | Comments(0)
2015年 05月 18日
紫色の週末~ 気付かされて
町田です。

ここ最近、子供達に囲まれた日々変わらぬ活動の中でこの年齢になってもまだ育成指導する者として改めて周りにいる皆さんのおかげで気付かされることが多々あることに有難さを感じている

指導者として頭の中で分かっているようで実践できていない部分、子供達に視野を広くと言っておきながら実は自分の視野が狭くなり物事を広く深く観れずにいるのではないか

自分の感覚や感情が上回り子供達に押し付けていることが少なくないように思う
自分に子供達を合わせてはいけない、あくまでも日々変化(成長)していく子供達に指導者がついていかなければならないのだと思う

我々チームは、選手達が幼保育園児(U-6)から中学3年生(U-15)までの育成クラブ
選手ひとり一人の現状を把握し、段階的に必要な物を必要なだけ積み上げる
子供達自ら成長していけるよう指導者は携わらなければいけない

仮に小学校年代で卒団というチームがあるとする、指導者として地位や保身?ステータスを上げる?又は保護者からの信頼を得る為?に指導者が勘違いしたり焦って本当にやるべきことや必要なものも与えず、手っ取り早く先廻りをして遣り方だけを教え小学校年代で結果だけを求め、後は手が離れるから俺は知らないと言う指導者やチームではいけない

子供達の将来を見据え、我々から手が離れる高校年代またはその上のステージ、そして社会人になってからも魅力ある選手・魅力ある人間に成長していけるよう我々も真剣に手助け役に徹し携わることが大事である

そんなことをいつも気付かされる そして学ばせていただける方々が私の周りには沢山いる

人として そして子供達に指導する者として日々成長するために私にとって大切な方々である
感謝し今後も勉強させていただきたいと思う
そう、全ては子供達の為に


*以降は、その方々のブログ一文を無断(笑)で掲載させていただきますことをお許しください


~長岡方面の禁酒し肉体改造中の とある方のブログ~

育成に関しては『勝ち負けだけにこだわらず』
みたいな偉そうなこと言っておきながら、自分は実は一番勝ち負けにこだわるタイプです。

私の場合、数字とか、目に見える成果がわかるとモティベーションは確実に上がります。
でも、これ、指導の現場で選手にすべて当てはまるかといえばけっしてそうでもないはずです。

自分は数字でモティベーションが上がるからと言って、他の人もみんなそうとは限りませんからね。人それぞれですから。

『負けて悔しくないのか!!』

とか、

『できなくて、悔しくないのか!!』

みたいなことを怒った声で試合後に叫んでいらっしゃる姿をたまに見ますけど、子供の場合みんながみんな負けて悔しいわけでもないんだと思います。

子供の感情を大人の力でねじ曲げて、力づくで

『悔しいです!!』

って言わせてもね・・・

自分の信念、価値観を選手である子供たちに伝えるのは大切なこと。

でも、自分がそうだから、みんながそうであることが当たり前って言う感覚は間違いです。
実はそうじゃないケースもたくさんありますから。

自分が平均値だと思っていたのに実は自分が少数派なんてこともけっこうありますからね。

それを理解したうえで、選手にこんなふうに育ってほしい、そんなふうに思ってほしいっていう気持ちを素直につたえて、自分の経験が選手の役に立つ、そうありたいものです。



~ 阿賀野市方面の禁酒はあり得ない とある方のブログ ~ 

私はサッカーという素晴らしいスポーツが人を育てる為の手段として認められ、この地域の文化として根付いて欲しいと思っています。
それが私の最大の願いです。
生意気に言わせて頂ければ、日本のレベルや世界のサッカーの傾向も知らずに(分からずに?知ろうともせずに?)井の中の蛙で、勝て!勝て!だったり楽しけりゃいいじゃん!では、あまりに土壌が悪すぎると思います。
良い土壌がなければ、いくら良い種を撒いて水を与え、お天道様に照らして頂いても綺麗な花は咲きません。

必要な物を必要なだけ積み上げる。だから指導方法は一つじゃいけないし考え方も一つじゃいけない。
瞬間的な、一派一絡げの評価と活動ではなく、将来を見据えての多彩(多細)な評価と活動を大切にして行く。こんな事が重要になるのではないかと思っています。

子供達が各年代の様々なレベルを肌で感じ、プレーやオフザピッチの体験から自立した人間となり、魅力ある人間としての輝きを放ち、世界(社会)に向けて羽ばたいて行く。その力を養う為の育成の期間、場所が我チームであり、この夜間練習であると思っています。

我々の活動も毎年、毎年、選手が入れ変わります。
どんな事を求めるのが、この選手達には適切なのか。
一つ一つ考え対応していかなければいけません。
育成の方法をマニュアル化してはいけないし出来る物でもありません。



~ 胎内方面の禁酒中の方のブログ ~

幸運な事に私の周りのは地域やチームの垣根を越えた志の同じ仲間がいます。
(勝手に思っていますが・・・(^^;))

偽善者と言われるかもしれない。
しかし我々は、信念をもって子供達に良い環境を模索しながら・・・

もがきながらも・・・仲間達の力を借りながら、これからもやって行こうと思っています。

これからも御理解と御協力を宜しくお願い致します。

何事も当たり前と思わず、感謝の気持ちと謙虚な姿勢で対応して参りましょう

宜しくお願い致します。
[PR]

by fcagano | 2015-05-18 20:10 | Comments(0)
2015年 05月 17日
あべさんの柔らかな想い:いいんですけどね!?
f0119216_7231415.jpg

私はカツオが好きなんですが先日、生まれて初めてカツオの刺身に大葉とネギとニンニクフレーバーを掛けて山葵醤油で食べました。いやーこれはこれで旨いもんなんですねー。世界が少し広がった?ような気がして嬉しい気持ちになりました。大変美味しく頂きました。ご馳走様でございました。

さてアルビは大変な事になっていますね?世間では「バカだよ、バカ!」「見ていて嫌になった!」「試合が終わって拍手なんて、してんなよ!ブーイングしろ、ブーイング!!」なんて強烈な言葉が飛び交うようになりました。

まーいいんですけどね?応援しているからこそ出る言葉なんでしょうし、球団もプロである以上、勝てていない現状を考えれば受け止めなければいけない言葉なんだと思います。

私はアルビの事を地元のプロサッカーチームとして大切には思っていますがファンであるとかサポーターとかではありません。だから冷静に色々と考えられるのでしょうが私は私で育成であるとか運営?お金の使い方?の部分で批判したい事は山のようにあるのですよ?(^^)

謙虚であるかのようで一方では傲慢な遣り方をする辺りは、とても応援したいチームではないな?という感覚でした。プロなんだから仕方ない?いやいや、そんな事じゃないですよ。プロ球団として理屈とは合わん事をして、そんな事をしていると、そのうち・・・と思っていたら、ホラホラホラ自業自得なんじゃないの?という感じでいました。

しかしね?こんな時だからこそサポーターの人達は選手を応援してあげて欲しいんですよ。赤いユニのサポーターの真似をする必要はないと思います。新潟には新潟の応援があっていい!負けて一番悔しいのは間違いなく選手達です!

監督さんも今年は、いい選手が取れたと思っていたのでしょうが、思っていたほど?いい仕事をしてくれないから困っているでしょうねー。チャンスがあっても決められないなら決められるように選手を成長させる。スペシャルな選手を買って来れないのですから、これしかないと思います。泥臭くても単純でも遣るべき事を遣るしかないですもんね?自分の人生を掛けて監督さんもチームスタッフも必死になって頑張ってください。
[PR]

by fcagano | 2015-05-17 07:23 | あべさんの柔らかな想い | Comments(0)
2015年 05月 12日
パッズ通信
f0119216_15193883.jpg
f0119216_15194769.jpg
f0119216_15195666.jpg
f0119216_1520526.jpg
f0119216_15202083.jpg

モーニング娘ならぬ、イブニング娘!ちょっと古いか。AKBならぬAPD(”A”gano ”P”urple ”D”iamonds=アガノ パープル ダイヤモンズ)の選手の皆さんです(^^)おふざけは、このぐらいにして”パッズ通信”をご覧ください。ハッキリ言ってマジです(--)v


晴天に恵まれたものの少し肌寒い天候のなか「2015TeNY新潟県ママ、レディースサッカーフェスティバルin長岡」にAganoパッズ選手が参加しました。天然芝の素晴らしい、全国少年サッカー大会新潟県大会決勝の舞台にもなる長岡市陸上競技場でプレーしたAganoパッズ選手の声です。

「 試合開始早々、頭と頭が衝突…
数分後にどってんころりんお尻強打。。。
それでも直ぐに立ち上がり走る自分に驚きでした(笑)
皆で声出して応援するのも、必死に走ってボールを追いかけるのも…全てが楽しいものでした(´∇`)」
Hasegawa選手


「試合中は、最初から最後までキーパーをさせて頂いたのですが、キーパー経験ゼロの私に、大役を任せて頂き、有り難うございました。
結果は残念でしたが、とても楽しい一日一を、過ごす事が出来ました
また、練習を頑張って次こそは優勝を目指したいと思ういます。
ありがとうございました。」
Takahasi選手


「今回もまた楽しくハッスルすることができて、ほんとにサッカーって楽しい!!!!!!!って改めて思うことができました
他のチームのママ達は、サッカー歴も長く、とても上手でした!………が、我々も見た目と勝気だけゎ強い!!!!!!!ふふふ。
ちょっとでも、一回でもやったみたいって思ったトレジャーママ達!!!!!!!是非一緒にサッカーして、体動かして笑って、ストレス発散しましょーーーーーー!!!!!!!
動いた後は、痩せません!ご飯、ビール進みます 」
Matsuda選手


「初試合、みんなで全力で楽しんできました!
ヘロヘロになっても、足が前に行かなくても、シュート空振りしても、みんなで笑えるから、またがんばれます♪他チームの上手なママさんたち、かっこよかった、素直に。刺激を受け、また練習がんばります[?]ハマった! 」
Hirai選手


まだまだ始めたばかりのママ達ですが確実に上達していました。試合開始から終了のホイッスルまで鳴り止まない子供達の声援に最後まで良く頑張ったと思います。
アンバサダーとして元日本代表の名良橋晃さん、川上直子さんと一緒に試合したり、サッカークリニックがあったり、本当に貴重な経験ができました。
そして何よりサッカーを楽しみ笑顔で一杯の1日となりました。
Aganoパッズの選手の皆さん!来年に向けてまた頑張りましょう!
[PR]

by fcagano | 2015-05-12 15:29 | Comments(0)
2015年 05月 08日
2015 TeNY新潟県ママ・レディース サッカーフェスティバル in長岡
2015 TeNY新潟県ママ・レディース サッカーフェスティバル in長岡

◇期日:5月10日(日)
◇会場:長岡市陸上競技場
◇参加選手:Aganoパープルダイヤモンズ ママ選手
◇日程:
9:00 開会式 開会式終了後アップ開始
9:15 代表者会議
9:30 試合開始
12:30 昼食休憩
13:30 アンバサダークリニック
15:30 閉会式

◇Aganoパッズ~試合日程(Fブロック)

第一試合Aコート
10:00~
vs Suzugon Dashers

第二試合Bコート
10:30~
vs マリンガール0-32

第三試合
F1位の場合
12:00~
vs E1位

F2位の場合
12:00~
vs E2位

F3位の場合
12:00~
vs E3位

◇参加チーム(18チーム)
※U-12女子4チームは別枠

Aブロック
柏崎FCビーナス
エスタパランダ
トリカメ A

Bブロック
分水FC NeCHANCE
トリカメ B
プレミュールB

Cブロック
長岡joias 0-15
FC JEWEL U
上越教育大学女子サッカー部

Dブロック
FC JWEL O
エスプリ長岡レディ-ス
プレミュール A

Eブロック
スマイル・ママ
長岡joias 0-19
おばちゃんず

Fブロック
【Aganoパープルダイヤモンズ】
Suzugon Dashers
マリンガール0-32

以上、選手の皆さんは怪我に気を付けて楽しんで来て下さい(^‐^)
[PR]

by fcagano | 2015-05-08 16:03 | Comments(0)
2015年 05月 08日
あべさんの柔らかな想い:こういう事
f0119216_8592789.jpg

f0119216_8595312.jpg

f0119216_901976.jpg

f0119216_904598.jpg

f0119216_91169.jpg

皆さん、ゴールデンウィークの活動、大変お疲れ様でした。各カテゴリー毎に多くの収穫があったと聞いています。お世話になっている皆さんに感謝をし、今後も力強く活動して参りましょう(^^)

さて写真は昨晩の夜間練習の風景です。お母さん達が元気にプレーをしている傍らにはお試しのキッズや女の子がボールで楽しそうに遊んでいました。その向こう側で低・中学年が真剣に練習に打ち込んでいます。その反対側では高学年がU13相手にマッチをしていました(U15とU14はオフでした)。「こういう事なんだよな~うんうん(^^)」と目指している処に確実に近づいていると感じ、とても嬉しくなりました。お母さんたちが一番元気で楽しそうでしたよ?(^^)v

サッカー人口が増え、人気は野球を越えたなどという話を耳にしますが、高校野球は全国大会の全ての試合をNHKが放送します。そんなスポーツは他にはありません。スポーツという枠を越えて野球は日本の文化になっていると感じます。

私はサッカーという素晴らしいスポーツが人を育てる為の手段として認められ、この地域の文化として根付いて欲しいと思っています。それが私の最大の願いです。生意気に言わせて頂ければ、日本のレベルや世界のサッカーの傾向も知らずに(分からずに?知ろうともせずに?)井の中の蛙で、勝て!勝て!だったり楽しけりゃいいじゃん!では、あまりに土壌が悪すぎると思います。良い土壌がなければ、いくら良い種を撒いて水を与え、お天道様に照らして頂いても綺麗な花は咲きません。

必要な物を必要なだけ積み上げる。だから指導方法は一つじゃいけないし考え方も一つじゃいけない。瞬間的な、一派一絡げの評価と活動ではなく、将来を見据えての多彩(多細)な評価と活動を大切にして行く。こんな事が重要になるのではないかと思っています。

子供達が各年代の様々なレベルを肌で感じ、プレーやオフザピッチの体験から自立した人間となり、魅力ある人間としての輝きを放ち、世界(社会)に向けて羽ばたいて行く。その力を養う為の育成の期間、場所が我チームであり、この夜間練習であると思っています。とても良い写真が撮れました。皆さん、ありがとうございました。

やっぱり、お母さんが元気!(お父さんも一緒にいかがですか?)というのが地域にとって、一番なんじゃないかなぁ~。ここから全てが始まるような気がします。今後もヨロシクお願いします!(^^)/

お母さん方?皆さんが意外に速くてキレがあるのに驚きました。今週末の長岡の試合が楽しみですね?uchiyamaさ~ん、応援に行ってあげてくださ~い。Aganoパッズを宜しくデ~ス(^o^)
[PR]

by fcagano | 2015-05-08 11:19 | あべさんの柔らかな想い | Comments(0)
2015年 05月 06日
暑い
f0119216_7133323.jpg

f0119216_7133338.jpg

f0119216_7133351.jpg

昨日のジュニアユースの試合は暑かった。いやいや熱かった!ああいう選手達の頑張りが好きなんだよなー。京ヶ瀬の国道沿いの”美よし食堂さん”のラーメンとチャーハンも誰が何と言おうとも旨いと思う!奇をてらう事の無い王道の力強さを感じる。いいじゃないのさ好きなんだから(^^)v
[PR]

by fcagano | 2015-05-06 07:13 | FC Agano Jry | Comments(0)